キャッシング用語

キャッシング用語.jpについて

キャッシング用語.jpでは、 キャッシングにまつわる用語を解説しています。消費者金融などのキャッシングと一概に言っても、いろいろな関連用語が存在するんですよ。

 

例えば、キャッシング審査という用語はその代表でもあります。また、金利や限度額、即日融資といった用語もありますよね。用語を理解しているだけで、借り入れする際の手続き等もかなりスムーズに進むと思います。是非、参考にしてくださいね。

 

キャッシング用語を理解する

 

最近の消費者金融は、むじん君といった無人自動契約機を設置していることをはじめ、インターネットから簡単に申し込みができる、WEBキャッシングが主流となっています。

 

一昔前と違って、店舗窓口に行かなくても申込できる来店不要システム、さらに、直接顔を合わせなくてもよいことから、キャッシングを気軽に利用する消費者が増えています。

 

ただ、テレビCMなどにより消費者金融の知名度や利便性が向上し気軽に利用できる反面、消費者の金融知識もそれに応じて向上しているとはいえないのが現状です。

 

ようは、お金を借りやすいキャッシングのメリットだけが先行し、デメリットを理解せずに安易に利用することが多くなったため、返済不能となる多重債務などにつながる原因にもなっているのです。

 

このようなことから、アコムやレイクといった、大手消費者金融が中心となり運営している日本消費者金融連絡会がキャッシングのイメージを正しいものにするため啓発活動を行っています。

 

しかし、キャッシングやカードローンを利用する個人消費者自身が、用語や知識を身につけ正しい利用の仕方を覚えていく姿勢は必要だと思います。消費者金融などでキャッシングを利用する際は、メリット、デメリットをきちんと理解し、計画的に利用したいものです。

 

キャッシングとは

 

Cashing(キャッシング)を日本語に直訳すると「融資を受ける」という意味なります。、融資とは、金利(利息)を得ることを目的に個人消費者に金銭を貸し付けすることで、個人向けの貸付サービスのことを、キャッシングと呼んでいます。

 

分かりやすくいうと、消費者金融や信販会社といった金融会社が個人向けにお金を貸すサービスをキャッシングと呼んでいます。

 

近年では、1週間無利息キャッシングや即日キャッシング、レディースキャッシングといったサービスを提供する会社も増えています。

 

なお、キャッシングというのは本来、お金を借りて翌月に一括で返すという返済方法になり、それに対し、ローンが、リボルビング払いや分割払いなどの複数返済になります。

 

ただ、金融会社によってはリボ払い(分割払い)ができたりとキャッシングの定義が異なるように、実際には、キャッシングとローンのはっきりとした線引きがなくなっているようです。

 

 

キャッシング用語.jpからのお得な情報

 

モビット カードローン

モビットカードローンのネット申し込みは、申込→審査→融資まで全ての手続きが最短30分で完了するWEB完結システムです。その上、借り入れする際の電話や郵送物といったものも一切ありません。

 

人気の理由は、パートタイマーの主婦、アルバイトをしているフリーターや学生でも、毎月一定の収入があればキャッシングを利用できるところ。さらに、14:50まで申込手続を完了すれば当日振込みも可能です。

審査時間 金利 限度額
10秒結果表示 4.8%〜18.0%(実質年率) 1万〜500万円